ハイドロキノンで美白する

 

ハイドロキノンで白い肌に

高い美白効果が期待出来る事で有名な成分ハイドロキノンは、肌のシミや色素の沈着をキレイにしたりするのによく使用される。

昔は美容クリニック等でしか購入が出来なかったが、現在では市販のコスメ等にも広くとりいれられており、値段も以前に比べて非常に安く大量に出回るようになっている。

濃度に関しても国内で製造・販売されるコスメ等には、含まれるハイドロキノンの濃度は2%程度が上限となっていたが、10%以上配合といった高濃度の製品も見られるようになってきた。

しかし、高濃度のハイドロキノンは肌への負担や刺激も高まる為、たとえ入手出来るとしても初めの内は特に5%以上の物は使用を控えた方がいいだろう。10%等の高濃度の物を使用する場合、なるべくなら医師の指導の元で行った方が何かトラブルが起こった場合にも安心だ。

 

ハイドロキノンの安全性と副作用

メラニンの生成を抑える事で、高い美白効果を発揮してくれるハイドロキノンだが、濃度が高まると肌への負担も大きくなる。

一般的に販売されている1~5%程度の濃度であれば、肌が弱い人でなければ殆ど問題は無いだろう。よくあるハイドロキノンの副作用とは、使用した部分が赤くなったり、痒みが起こったりするというもので、普通は2~3日もすれば治まってくる筈だ。毎日の使用が負担に感じるなら、日にちを空けて使用すればいい。

 

肌の色が抜け落ちて元に戻らなくなる白斑という現象が気になる人もいるだろう。ハイドロキノンに関してはそういった噂や情報が昔から多くあり、未だに使用をためらう人もいるが、市販されている程度の濃度(1~5%)で白斑が起こったという事はないようだ。

とはいえ、使い方にはそれなりの注意を払うべき成分ではある事には変わりがなく、間違った使用法を続けると肌荒れや逆にシミが増えたりするようなトラブルにもなってしまう。

☆危険なコスメ?の情報☆

 

また、通常のハイドロキノンの様々な欠点を改良して作られた安定型ハイドロキノンは、肌への刺激も少なく酸化もしにくいので使い易い。普通のハイドロキノンでは肌がトラブルを起こしやすいようであれば、安定型のタイプを使用してみよう。しかし、現在ではまだ安定型ハイドロキノンを配合したコスメはそれ程数が多くはないようだ。

 

使用上の注意 日光を避ける

最も気をつけなければならないのは日光を避ける事である。ハイドロキノンは日光に当たると毒性のある物質に変化するので肌にとって有害となる。また、メラニンの生成を強力に抑えている分、紫外線の害を肌はまともに受けてしまう事になるので外出時の日焼け止めは必須だ。

保管も高温・直射日光を避けて開封後は早めに使い切るようにする。ハイドロキノンは酸化し易く、保存がまずいと白いクリームが茶色に変色している事がある。そうなってしまったら、使用せずに捨てるしかない。

安定型ハイドロキノンも成分が安定しているとはいえ、日光に対しては十分に注意を払っておくほうが良いだろう。

 

一般的な使用法は一日2回、朝と夜に使う事になっているが、特に外出時の日焼け対策は万全にしておく必要がある。夏場は汗で流れる事も考えて2~3時間毎に日焼け止めを塗り直す必要がある事も忘れてはイケナイ。このような手間とリスクを避ける為、日中にハイドロキノンは使用せずに夜だけにしておくのがベターだ。

 

ハイドロキノンの使い方

ハイドロキノンはシミやそばかす等のピンポイントだけでなく、顔全体に使用して肌のトーンを一段明るくするという使い方も出来る。

使用したい部分に適量を塗ればいいだけだが、ハイドロキノンは強い成分なので人によっては毎日使用していると肌に赤みや肌荒れが起こる事もある為、2~3日使用して1日間を空ける等、自分なりのペースで使っていこう。

 

繰り替えすが、美白期間中は日焼け止めを欠かさない様にしないと、いつまで経ってもキレイな肌にはなれない。たとえ日中にハイドロキノンを使用していなくとも、メラニンが抑えられている肌には直射日光は大敵だ。

 

身体の美白も忘れずに

自分の身体を良く調べると、あちこちに小さな傷跡やシミ、くすみがある事に気づく事だろう。肘や膝、スネ、腋の下等は特に肌の黒ずみや傷が原因で出来た色素の沈着が残っている。

ホワイトニングは顔だけでなく、こうした部分にも積極的に行っていかなくてはならない。

 

ナディノラ・ハイドロキノン美白クリーム

ナディノラ美白クリームは、ハイドロキノンを3%配合した、色素沈着やシミ、そばかす、肝斑などに有用なクリームだ。肌の色を均等にし、潤いあふれる透明感のある肌へと導いてくれる。

 

 

美白ボディローション&クリーム 単品+セット(ビハクエン)

クーポンコード RN2BZYF7

ご利用期間:2017/9/29(金) 〜 2018/1/31(水)
ご利用条件:サイト会員限定でご利用いただけます。

 

・美白ボディローション

これ1本で、腕や足はもちろん、体のどの部位にも使用出来る為、全身の美白やくすみの解消といったボディケアに向いている。ハイドロキノン1%配合の美白ボディローションは香料や着色料も、一切使用しておらず、肌の赤みなどの副反応も少なく、安心して毎日何回でも使用出来る。

 

・クリーム

高濃度ハイドロキノン4%配合した、BIHAKUENシリーズのフェイス用クリーム。メラニンの生成に関与する酵素であるチロシナーゼをブロックして、メラニンの合成を阻害する。

 

 

ユークロマライトクリーム2% ユークロマクリーム4%

ハイドロキノン2%と4%のクリーム。美白したい部分や範囲によって、色々なアイテムを上手に使い分けてみよう。

 

色が薄いシミならば数ヶ月間程ハイドロキノンを使用していれば改善してくる事が多い。無事にシミが改善されたら、それ以上使用を続ける必要はなく、むしろあまりに長期に渡るような使い方は肌にも良くないと言えるだろう。

ハイドロキノンで改善出来ないような色素沈着やシミは、クリニックでレーザー等の治療を受けるしかないが、自分では判断出来ないので医師に相談してみる事だ。

 

ホワイトニングケアで色白肌になるへ戻る

 

 

サイトのトップへ戻る