美白になるビタミンC

 

身体の内側から美白する

キレイな色白肌になる為に、外側からだけではなく、身体の中からもケアを行っていこう。

美白成分の配合されたクリームや日焼け止めを使用する事によって外側から美白ケアをするのに対して、美白に有効な栄養素を食事等からキチンと取り入れる事で内側からもしっかり美白ケアが出来る。

 

肌を白くする栄養素

肌が黒くなる原因は、細胞内にメラニン色素が生成される為だ。メラニン色素は日焼けはもちろん、ストレスや加齢等によっても生成されてしまう厄介なものだが、その体内のメラニン生成を抑える為の栄養素もちゃんと存在するので、そうしたものを意識的に摂取するようにすれば大丈夫だ。

体内のメラニン生成を抑えて美白に効果的と言われる栄養素はビタミンA、CやE、リコピン、L-システインといった抗酸化成分で、これらは美白サプリメント等にも良く含まれている。

身体の抗酸化についてはこちらで詳しく解説している

肌を老化させる活性酸素とは?

 

ビタミンCの摂取で美白

ビタミンCの美白作用は有名で、体内に多く摂取する事で日焼け等により黒くなってしまった肌を元に戻してくれる効果が期待出来る栄養素だ。

ビタミンC は全身のあらゆる細胞で消費され、メラニンの生成を抑えるだけでなく、病気に対する身体の免疫力を高めたり、肌のコラーゲンの合成を助ける働きもしている体内に必要不可欠な栄養素である。そして、ビタミンCは私達の体内で作り出す事が出来ないので、外から積極的に取り入れるように心掛けなければいけない。

ビタミンCはもちろん肌に使用しても様々な美肌効果が得られるが、この項では主に食事等から取り入れる方法について解説する。

ビタミンCでニキビケア

 

美白になる為のビタミンCの摂取量

ビタミンCの美白効果を得る為には、一日2000~3000mg程度の摂取が必要で、ビタミンに限らず全ての栄養素は不足しても過剰摂取となっても人の身体にとっては不具合が起きてくる為、バランスを考えてむやみやたらと取り過ぎるべきではないが、しかしビタミンCの美白効果はこれぐらいの量を毎日摂取していなければ殆ど実感は出来無いと言われている。

先に述べたように、ビタミンCは身体のあらゆる器官に利用される重要な栄養素なので、肌にまで届けられて効果的に働く為には身体にとって必要最低限な程度の分量だけではとても追いつかない。

成人の一日のビタミンC必要摂取量は100mg程であり、例えばビタミンCが含まれる事で有名なレモン(全果)100g中には、約100mgのビタミンCが含まれている(標準的なレモンは一つ100~120g程)から、美白効果を得る為、実際これだけの量のビタミンCを普通の食事だけで全てまかなうのはかなりキビシイ。

 

そこで、足りない分のビタミンCはサプリメントを上手く利用したりして対応していく事になる。ビタミンCのサプリメントは多くの製品が販売されおり、利用している人も多いと思う。

 

(LE)NアセチルLシステイン(N-Acetyl-L-Cysteine)600mg

メラニンの生成を抑え、美白作用が期待出来るサプリメント

 

ビタミンCの上手な摂取

一日に2000mg~3000mgのビタミンCを効率よく摂取する為には、まとめて一度に取るのではなく、朝昼晩と何回かに分けて少しづつ量を取る事が大切だ。

ビタミンCは体内に長時間止めて置く事が出来ないので、こまめに摂取して常に体内のビタミンC濃度を高く保つようにしておく。また、ビタミンCをビタミンEと共に取る事で相乗効果により抗酸化力がより高まる事が知られている。

 

ローズヒップでビタミンCを補給

一時話題となった事もあるローズヒップには、レモンの約20倍のビタミンCが含まれていると言われ、他にも美肌に効果のある栄養素を豊富に含んでいる優れた植物だ。ローズヒップは乾燥した実や粉末を、主にお茶として飲んだり、料理等に使用する事で取り入れる。スーパー等で手に入る場合もあるので利用してみよう。乾燥されたローズヒップは保存が効く上に、レモンのように強い酸味がないので、飲みやすいのも特徴だ。

また、ローズヒップの種から採れるオイルはローズヒップオイと呼ばれ多少高価で酸化もしやすいが、毛穴の引き締めや美白、スベスベになるといった優れた美肌効果が期待出来るので、大いにスキンケアに活用出来る。

 

ビタミンC1000mgウィズローズヒップ [スワンソン社製]

ビタミンCとローズヒップを配合したサプリメント

 

 

トリロジー ローズヒップオイル45ml

オーガニック認証を取得しているトリロジー社の製品

 

ホワイトニングケアで色白肌になるへ戻る

 

 

サイトのトップへ戻る