いろいろな日焼け止めの種類と選び方

 

日焼け止めを使用する

日焼け止めは強烈な紫外線から肌を守る為には欠かせないアイテムだ。紫外線の影響によるシミの発生や肌の老化を防ぐ為にも、せめて顔ぐらいには使用するようにしたい。が、日焼け止めを使用したがらない人もいる。

理由は、面倒だったり、日焼け止めを使用した部分が白くなるのが嫌だったり、日焼け止めが肌に合わなかったり、そもそも暑い時に顔や身体に何か塗ったりするのが嫌だといった意見が多いようだ。

 

肌に合った日焼け止めを選ぶ

日焼け止めが肌に合わないという人は、無添加で肌に優しい成分が配合された製品を選ぶようにするといいだろう。紫外線は1年を通して降り注いでいるので、日焼け止めは頻繁に使用するアイテムだ。だからこそ、あなたの肌に負担とならずに長く使用していけるという事が大切である。

 

【バニクリーム】サンスクリーン SPF50+(Sunscreen Broad Spectrum)

着色料・香料・防腐剤等を含まない、肌に優しい日焼け止めクリーム

 

いろいろな種類の日焼け止め

日焼け止めにも低品質なものや使いにくいものがあり、あなたの肌に合わないものもある。逆にあなたにピッタリの製品を見つける事が出来れば、日焼け止めの使用に抵抗も無くなってくるというもの。数多くある中から用途や肌質に合わせた日焼け止めをチョイスするようにしよう。

 

クリームタイプの日焼け止め

最も一般的な日焼け止めはクリームタイプのものだ。店頭等で入手しやすく、種類も豊富。耐水性のものでなくとも、パウダータイプの日焼け止めより落ちにくい。しっとりした使い心地だが、物によっては重く感じる事もあるかもしれない。

このタイプの日焼け止めはしっかりと肌に吸着するので、肌の弱い人には負担になる場合や合わないような事もあり、塗った部分が白く見えたり、テカッたりするようなものも少なくない。

 

スプレータイプの日焼け止め

このタイプの日焼け止めは塗るのがラクで髪の毛にも使用出来るのが特徴だ。頭部は最も紫外線の当たる場所であり、髪の毛や頭皮も当然ダメージを受けている。紫外線によるダメージを受けた髪の毛は乾燥して傷んでしまい、大事な頭皮にも影響は及んでくる。一つは常備したい。

 

ウォータープルーフの日焼け止め

海やプールに入るような場合には、耐水効果のある日焼け止めを使用する。また、ウォータープルーフの日焼け止めは汗にも強いので頻繁に塗りなおす手間も省ける。洗い落とすにはクレンジング等をしっかりと行おう。

 

日焼け止めパウダー

一般的なクリームタイプではなく、サラッとしたパウダータイプの日焼け止めは、ベタつきが無く見た目も白くならないので特にメイク等をしている時には便利だ。

男もメイクをする機会はある。メイクやファンデの上から使用出来、パウダーなので塗りなおしも簡単であり、毛穴も目立たなくなる。肌への刺激や負担も少ないのが嬉しい。

 

日焼け止めシート

コットンのシートに日焼け止めが含まれていて、肌をサッと拭くだけで日焼け防止が出来るもの。使い方はとてもラクなので、ちょっとした外出や塗りなおしの時等に便利。手軽な反面、強烈な日差しに対しては少し心許無いかもしれない。その場合、他のタイプの日焼け止めと併用する等しよう。

 

飲むタイプの日焼け止め

タブレットやカプセルを飲む事で、日焼け止め効果を発揮してくれるものだ。日に当たる前に飲んでおくだけで、数時間効果が期待出来る。何よりも手軽で塗りなおしの必要も無く、肌に負担もかからない。日焼け止めを塗るのが面倒な人にも、肌が弱くて日焼け止めを塗りたくない人にもおススメだ。

 

 

このように日焼け止めにも様々なタイプのものがあり、コストも異なるので目的、肌質、好みに合わせて上手く利用したい。

 

男子の日焼け対策へ戻る

 

 

サイトのトップへ戻る