ホワイトニングで肌のシミを消す

 

肌のシミを消す

肌に出来たシミは放って置いても、なかなか自然に消えてくれる事は無い。そこで自分で市販のホワイトニングコスメを使って肌に出来たシミを消そうと考える所だが、実際にはそう上手くはいかない事もある。

シミには幾つか種類があり、市販のホワイトニングコスメでは効果がないシミもあるからだ。そうしたシミを自分で見分けたり判断するのは難しく、間違ったケアをいくら続けても効果は現れない。高級なホワイトニングコスメをどんなに使ってみたところで、無駄になっては時間もお金も勿体無い。

 

シミは自己判断せずに美容クリニックで医師に診てもらうのが一番だ。そうすればあなたのシミに合った適切な治療を行ってくれるので、改善も早い。医師の処方する美白剤の使用やレーザー治療によって気になるシミを取り除いてくれる事だろう。

 

シミを予防する

シミはちょっとした事が原因で出来てしまう事がある。紫外線の影響や傷やニキビ、ストレス、加齢等。シミは肌に残ってしまったメラニン色素によるものだ。

あなたの肌が若々しく健康的であれば、肌細胞の新陳代謝が活発に行われてるので、シミとなっていつまでも肌に残らずにやがて消えて無くなる事もありえるだろう。しかし、そうでなければシミはいつまで経っても消えずに、肌に残り続ける事になる。

そこで、まずは日頃からシミになりにくいようなスキンケアを行っておく事で、シミが出来にくくなるような肌にしておきたい所だ。

 

シミを防ぐ為のスキンケア

肌にシミをつくる原因となるのは、主に紫外線活性酸素肌の傷や炎症だ。

 

紫外線

紫外線を浴びると体内にメラニンが作られ、シミの原因となる。まず第一に紫外線対策を万全にするようにしよう。

 

活性酸素

体内に活性酸素が発生するとメラニンが生成されてしまう。活性酸素が発生する原因は紫外線以外にも加齢や生活習慣、食生活の乱れやストレス等、幾つも挙げられる。

活性酸素の働きを抑える為には抗酸化成分を含んだサプリメントやコスメを使用するのが効果的だ。抗酸化成分にはビタミンA、C、Eやリコピン、L-システイン等がある。シミや色素沈着に有効なサプリメントには、こうした成分が含まれている。ビタミンC誘導体のローション等で日頃からスキンケアを行い、肌の抗酸化力を高めておくのも効果的だ。

肌を老化させる活性酸素とは?

 

肌の傷や炎症

肌に傷や炎症があると、それを回復させるために新しい細胞が作られようとするが、その時メラニンも一緒に作られてしまう。

傷や炎症は日光に晒さない様にしておく。そして早めに治してしまう事が大切だ。

 

肌代謝(ターンオーバー)を良くする

肌代謝とは肌表面の古い角質が垢となって剥がれ落ち、下から新しい肌が現れるという現象の事でターンオーバーと呼ばれている。私達の肌は通常このようにして、作られては入れ替わると言う事を繰り返している。

このターンオーバーが正常に行われていると、どんどん新しい肌に生まれ変わる事が出来るので、シミが残りにくい。肌のターンオーバーが乱れていたり、上手く行われていないような場合、角質ケア等を行ってケアしてやると良い。ターンオーバーの正常に行われている肌はくすみも無く、美しい。

肌のターンオーバーと美肌の関係

 

ハイドロキノンを使用する

ハイドロキノンは強い美白効果を持つ成分だ。効果が高い反面、肌に負担もかかるので日本で市販されるコスメには現在1~2%位までしか配合されていないが、高濃度の物はシミをキレイに消す程の美白作用を持つ。

ハイドロキノンはそのままでは肌に浸透しにくい為、肌をピーリングした後に使用するのが一般的であり、ハイドロキノンとレチノイン酸のクリームを併用する事が多い。やり方はレチノイン酸のクリームを肌の気になる部分に使用した後、ハイドロキノンを重ねづけするというもので、この方法だと肌の美白に加えて、ハリ・ツヤ・シワの改善効果も期待出来る事になる。

また、使用中は紫外線に弱くなるので日光を浴びないようにしなければならない、妊娠中の使用は出来る限り避ける等の注意も有り、個人での使用には気をつけなければならない事もあるが、上手く利用すれば大きな力になってくれる事だろう。美容クリニックでは医師が処方してくれる事も多い。

 

(BIHAKUEN)ハイドロキノン4%20gとトレチノイン0.025%20g

強力な美白効果のあるハイドロキノンと肌の若返り効果のあるトレチノインのセット

 

ピーリングは美肌ケアの基本

 

ホワイトニングケアで色白肌になるへ戻る

 

 

サイトのトップへ戻る