大きな傷跡をキレイにする

 

事故による傷跡の悩み

事故によって残ってしまった大きな傷跡をキレイにしたいと思うのは当然の心理だ。ましてそれが目立つ部分にあったりしたら…。

事故に遭って怪我をした時は、総合病院の一般の外科等でとりあえず治療を受ける事が殆どだろう。

一般の外科では、保険の適用内で患者の生命や機能回復を第一に優先して治療を行う為、多少の見た目の問題とかは考慮されていない。その為、怪我は問題なく治っても、後になって傷跡が残ってしまうのが心配だ。

もしもあなたが不幸にして交通事故に遭い、怪我をした部分に目立つような傷跡が残ってしまった場合どうするか。

傷跡が残らないようにしたいのであれば、一般外科での治療が終わったら形成外科美容外科でもう一度傷の治療を受けるのがベストだ。

どちらでも傷跡をキレイに修復する治療を行ってくれる。

 

形成外科

主に身体の表面や形が受けた損傷や変形を治療・改善・整える為の科。例として火傷傷跡ほくろアザ等の治療を扱う。

 

美容外科

病気や怪我でなくとも、審美目的の為に形状を整える治療を行う科。

 

それなら、事故に遭った時に最初から形成外科で治療をしてもらえばいいではないかと思うが、緊急の場合そうも行かない事が多い。事前に予約が必要だったり、近くに形成外科が無かったりすればそれも不可能。

まずは、どこでもいいからとりあえず怪我の治療だけでもしなくてはならない。

治療が終わり、1ヶ月以上経過して傷の状態も大分落ち着いてきた頃に、形成外科や美容外科に足を運んでみよう。

 

クリニック選び

傷跡の治療には、レーザー手術による方法が一般的のようだ。クリニックを選ぶ際には、以下のポイントを押さえておくようにしよう。

 

レーザー

クリニックによって設備は当然異なってくる。レーザーによる治療の場合、機械の種類によって性能や効果も様々なので、そのクリニックではどんな機器を使用しているかに注目してみる事だ。

規模が大きな所では、数種類の機器を設置してある事もあり、その場合患者の選択肢も増えることになる。

機械によって大きく異なるのが痛みの感じ方だ。脱毛や美肌治療でもそうなのだが、レーザーを使用する場合にはどうしてもある程度の痛みが伴う。普通、治療はしばらくの期間継続して行われるので、レーザー照射の痛みに耐える事が出来ないと続ける事は難しい。

もちろん、麻酔等痛みを軽減させる為の工夫が色々となされるのではあるけれど、機械によって感じる痛みに大きな差があるのも事実だ。

 

手術

これは執刀医の腕しだい。だから、技術が高く、過去に多くの手術の経験と実績を持つ医師がいる所を選ぶようにする。

 

健康保険は使えるか?

残ってしまった傷跡を目立たないようにする為の治療を受けようとすると、果たしていくらくらいかかるだろうか。

一般的には、形成外科での治療は健康保険が使える事が多く、美容外科では殆ど使えないと言われるが、傷跡をキレイに目立たなくする治療に関しては、どちらも健康保険が適用される事がある。

保険を使って治療を受ける

 

実際にあなたの症状に対して保険が適用されるかどうかは、医師の診察を受けてみるまでは分からない事が多いので、クリニックに電話で問い合わせたり、とりあえずカウンセリングを受けて質問してみるのが一番だ。

カウンセリングだけなら無料というクリニックが今は多いので、積極的に活用してみよう。

 

傷跡治療の費用

ところが、運良く健康保険が適用されたとしても、治療法によってはそれなりの費用がかかってくる。(傷跡を消す手術等を行った場合小さなものでも1箇所数万円する事も)

モチロン、それでも保険が適用されずに治療を受ける事を考えればはるかに良いのだが。

しかし驚く事に、こうした事故による傷跡治療を実質0円で受ける事が出来る場合がある。

 

交通事故の傷跡を無料で治療

相手の保険会社への交渉も全て請け負います

事故による傷跡治療なら池袋サンシャイン美容外科がおススメ。交通事故で生じた傷跡治療に対して保険が適用されるように、あなたに代わって色々な交渉や手続きを相手方の保険会社に行ってくれます。

 

池袋サンシャイン美容外科について

詳しくはコチラ

 

美肌男子を目指す!!!へ戻る

 

 

サイトのトップへ戻る