ビタミンCでニキビケア

 

ニキビ肌に有効なビタミンC

ビタミンCが美容に良いという事は有名で、サプリメントやコスメ等、実にたくさんのビタミンCを含んだ製品が出回っている。

ビタミンCが身体に良いと言われるのは、抗酸化作用や美白作用、コラーゲンの合成促進作用といった効果がある為だが、ニキビ肌に使用する事でも優れた効果を発揮する事がわかっている。

 

ニキビを改善させるビタミンC

ビタミンCには皮脂の過剰な分泌を抑えて肌のキメを整え、毛穴を引き締めてくれる効果がある為、ビタミンCを肌に使用する事でニキビが出来にくい肌となり、ニキビの跡も残りにくくなるといった予防・改善効果が期待出来る。

また、ニキビの原因は、皮脂の毛穴詰まりだけでなく、毛穴に詰まった皮脂に発生するアクネ菌の排泄物ポリフィリンに紫外線が当たる事により活性酸素が発生する事で起こる。

活性酸素は紫外線やストレス等によって体内で発生すると、細胞を酸化させてしまうという厄介なものだ。活性酸素は肌や身体の老化、ニキビ、シミを作る原因にもなるものだが、ビタミンCにはこの活性酸素の働きを抑える抗酸化作用がある為、ニキビに限らず様々な美容効果を私達にもたらせてくれる。

 

ビタミンC誘導体を使用する

ビタミンCはそのままでは酸化しやすく不安定な物質で刺激もあり、何よりも肌になかなか浸透しないといった性質がある。どんなに優れた効果を持つ成分でも肌の奥まで浸透しなければ効果は発揮されない。そこでビタミンCを肌に浸透するように改良した物がビタミンC誘導体だ。

ビタミンC誘導体は幾つか種類があるが、主にローション等の水溶性タイプとクリーム等の油容性タイプに分けられる。ニキビ肌にはさっぱりしたローションの方が良いだろう。

実際にニキビケアにビタミンC誘導体を使用する場合、ビタミンC誘導体のローションやクリームを気になる肌に直接塗る事になる。洗顔後、ローションの場合は特にたっぷりと重ねづけするのが良い。毎日根気よく続けよう。

ビタミンC誘導体の製品を選ぶ際に大切なポイントは濃度だ。ビタミンC誘導体の濃度が1~2%の製品ではあまり効果は実感出来ない事もあるので3~5%のものを使用してみると良いだろう。更に高い濃度のものもあるが、濃度が高くなるにつれて値段も高くなっていく。肌への負担も考えて、最初の内はせいぜい濃度10%程度迄に止めておこう。肌が慣れてきたら濃度をUPしていく事も出来るからだ。

 

[オバジ]プロフェッショナルCセラム15%(Professional-C Serum 15%)

高濃度のビタミンCを15%配合した美容液。

 

ビタミンCをより肌に浸透させる方法としてイオン導入法がある。専用の機械(美顔器)が必要となるが、この方法を用いると肌への浸透がとても高まるので、低濃度のビタミンC製品でも効果を発揮する事が可能だ。

 

ビタミンCを摂取する

ビタミンCは肌に使用するだけでなく、体内にも積極的に摂りいれるようにしたい。ビタミンCは美容にとって無くてはならない栄養素だが、ストレス等によって多く消費される為に不足しやすいという欠点があるからだ。

積極的にビタミンCを摂りいれる事で、体内の抗酸化力が高まるので、ニキビも出来にくい肌になる。

 

バッファードビタミンC1000mg(Buffered Vitamin C)

1錠中に約1000mgのビタミンCを配合したサプリメント

 

 

男のニキビを治すへ戻る

 

 

サイトのトップへ戻る