男子の為の正しい洗顔法

 

正しい洗顔を行う

ニキビや肌荒れ、乾燥を予防してトラブルの無い肌を保つには正しい洗顔を行う事が何と言っても重要である。

顔の洗い方についてなどあまり気にしない人もいるが、間違った洗顔は肌に負担をかける事にすらなるので、この機会に正しい洗顔法を身につけて実行するようにして貰いたい。

肌ケアにおいて洗顔は基本的な事ではあるが、毎日正しく行っていけば肌も徐々にだが良くなっていくのが実感出来るようになる。

正しい洗顔を行うにあたって、大切なポイントは洗い方洗顔料の選び方だ。

 

肌の潤いを保つ洗顔を

顔を洗う場合、単に肌の脂や汚れを落とせばいいというものではない。特に男性用の洗顔料は宣伝等でもやたらにゴシゴシと強力に顔の皮脂を落とす事を強調している。

しかし、必要以上に洗顔で皮脂を落とすのはかえって肌にとってはマイナスの結果となるものだ。

人の肌の表面には毛穴から分泌された皮脂が膜を作り、外部からの刺激や細菌、異物等の進入からバリアのように身を守っている。これを強力な石鹸や洗顔料によってすっかり落としてしまうと抵抗力の無い無防備な肌の状態になってしまい、少しの刺激で肌荒れやトラブルになる敏感肌に発展するようになる事にも繋がるかもしれない。

男の肌は一般に女よりも皮脂の分泌が多いので、しっかりと洗顔で余計な皮脂を落とす必要はあるのだが、重要なのは肌の潤いを残すような洗顔を心掛けなければいけないという事だ。

 

肌に合った洗顔料を選ぶ

肌に潤いを残すように洗顔を行う為には、強力過ぎない適度な洗浄力の石鹸や洗顔料を使用しなければならない。あなたの肌が脂分の多いオイリー肌なのか、乾燥がちなドライ肌なのかにもよるが、一般に男性用品にありがちな、やたらと強い洗浄力の入った洗顔フォームは肌に必要な皮脂まで落としてしまう事もありえる。

安価なシャンプー等にもよく使用される石油系合成界面活性剤(~硫酸といった成分が含まれている事が多い)が含まれたような物は特に避けたい。コストも安く強い洗浄効果がある反面、肌にとって必要な皮脂まで落としてしまい、ニキビ等にとっても良くない。

理想をいえば無添加無香料で、無農薬天然素材の原料により作られた製品を使用したいが、なかなかそういうものは出回っている数も少なく、高価な事が多い。

 

無添加 ソルトソープ

海水由来の塩を配合した肌に優しい無添加石鹸

 

肌に優しい洗い方

ゴシゴシと力任せに洗うような洗顔は絶対にNGだ。そういうやり方は、肌に負担がかかる事になり肌を傷つけてしまう。しかし、顔の汚れや脂を必死で落とそうとしてそういう洗い方をしてしまう人は多いようだ。特に合成界面活性剤等が配合されていないような洗浄力のマイルドな石鹸を使用している場合、なかなか泡立ちも悪かったりするので、ついそうした事を行ってしまいがちである。

肌に不要な力を毎日のようにかけ続けていると、その部分の角質が厚くなってきたり、色素が沈着して黒ずんだりする原因になったりと、ロクな事にならない。

 

正しい洗い方は、まず石鹸や洗顔料をしっかりと泡立ててから肌に使用すると言う事。顔全体を包み込める位の大量の泡が必要だ。肌に直接石鹸等を押し当てて擦ったりするような行為は慎もう。

とはいえ、自力で石鹸をそこまで泡立てるのは非常に骨が折れる作業となる。ベストな方法は泡立てネットを利用する事で、これを使用すればアッと言う間に大量の泡が出来る。

たっぷりの泡が出来たらそれを使って顔を洗うのだが、何度も言うように手で肌を擦るように洗ってはいけない。手は肌には触れず、泡で肌を包むようにして汚れを落とすのがコツだ。

終わったらしっかりと流水ですすぐ。このときも手でゴシゴシやるのは禁物。泡をキレイに落としたら、柔らかいタオルで優しく肌を押さえるようにして水気を吸収させる。硬いタオルで顔を擦りながら拭くなんていうのはもっての他だ。

 

つまり正しい洗顔法というのは、このように肌に極力負担をかけずに行うというのが大切なポイントとなってくる。そして余分な脂分や汚れはキチンと落としつつも、肌の潤いは残すような洗い上がりになればベスト。

何も難しい事は無いがしかし、時間をかけて丁寧に行わなくてはならない。最初のうちは面倒くさくて大変かもしれないが、正しい洗顔法はトラブルの無い美肌になる為の基本的な欠かせないケアの一つ。頑張って今日からトライしよう。

 

(EllaBache)クリア改顔ベーシックセット(ドライ~ノーマル肌)

フランスの歴史ある化粧品メーカーであるエラバシェの洗顔料・化粧水・乳液のセット

 

美肌男子を目指す!!!へ戻る

 

 

サイトのトップへ戻る